マーケティングオートメーション導入のメリット

マーケティングオートメーションの大きなメリットと言えるのが、人件費を抑える事ができるという点です。マーケティングオートメーションを導入する事で業務の自動化が実現できれば、今まで手動で行っていた作業員の削減が可能となり、人件費の削減が期待できます。また作業に要した時間や労力の削減もできるため、マーケティングにおける業務の効率化にも繋がります。 またPDCAサイクルがスムーズに回る点もメリットの一つです。マーケティングオートメーションにはスコアリングと呼ばれる機能が搭載されており、この機能によってPDCAそれぞれの過程の課題点が見つかりやすくなるため、適切な改善策を打ち出せるようになります。PDCAサイクルがスムーズに回る事で、高い精度のシナリオ設計が実現でき、売り上げの向上が期待できます。

マーケティングオートメーション導入のデメリット

マーケティングオートメーション導入のデメリットとして挙げられる一つが、コストがかかるという点です。導入時の初期費用だけでなく、運用コストや人件費、教育費など様々な費用が必要となってきます。マーケティングオートメーション自体の価格は製品によって異なってきますが、導入する場合は、長期的な運用を想定して慎重に選定する事が大切と言えるでしょう。また運用できる人材が少ない点もマーケティングオートメーションのデメリットです。

マーケティングオートメーションは近年、導入が進められているツールである事から、上手く活用できる人材が少ない点が課題となっています。せっかく導入しても上手く使いこなせる人がいなければ、何も効果を得られずコストだけが膨らんでしまう可能性もあります。マーケティングオートメーションの導入に失敗したくないのであれば、運用を外部に委託する事も検討する必要があるでしょう。