両者の違いを把握しよう!

マーケティングオートメーションを導入して業務改善を目指そうと考えているが、ツールとアウトソーシングのどちらにしようか迷っているという企業もあるかと思います。これら両者は似ているようで大きな違いがあるので、それを把握しておきましょう。まず、ツールというのは、マーケティングオートメーション関連業務を補助してくれるソフトやクラウドサービスのことをいいます。

対して、アウトソーシングは関連業務の一部を外部の専門業者に委託することです。ツールは自分たちで業務を行う必要があるのに対し、アウトソーシングは依頼した業務は外部業者が行ってくれるという大きな違いがあります。ただ、ツールを提供している企業に効果的な使用方法や活用事例などを聞くことも可能です。

それぞれのメリットとは!

では、それぞれどんなメリットがあるのでしょうか。まず、ツールの最大のメリットは関連部門の連携がしやすいという点です。マーケティング部門や営業部門などで、様々なデータを共有できるようにすれば、それぞれの部門が行動しやすくなります。また、様々な数字を逐一確認できるというメリットもあります。見込み顧客が顧客になりそうかというスコアや、DMなどの広告活動によるアクセス数の増加率など色々なデータがリアルタイムで確認できます。

一方、アウトソーシングのメリットは、何といってもプロに業務を依頼できるという点になります。集めたデータの分析やマーケティングに必要なコンテンツ作りなど、豊富な経験が必要な業務をプロに任せることができます。他には、配置人員の効率化ができるというメリットもあります。アウトソーシングで依頼した分野を担当していた人員を、別の所に回すこともできます。