マーケティングオートメーションツールを導入するメリット

マーケティングオートメーションを導入するメリットは、今までよりも少ない人数で、より正確なオペレーションが実施できる点にあります。また、経験の長さや判断力に依存することなく、マーケティング活動を行えることが、マーケティングオートメーションを導入するメリットになります。

人の判断や作業にはミスがつきものです。そのことで、売上の機会を逸したり、優良な見込み客を見逃してしまうこともあります。その点、マーケティングオートメーションを利用すると、ヒューマンエラーを極限まで削減できるとともに、経験が少ない人にもオペレーションを任せることが可能になることでしょう。運用に柔軟性が出てくれば、優秀な人材を人間の判断が必要な仕事のポジションに割り当てられるかもしれません。

マーケティングオートメーションツールを導入するデメリット

マーケティングオートメーションを導入するデメリットは、運用を安定軌道にのせるまでに時間がかかることです。マーケティングオートメーションシステムは、製品自体は真っ白なキャンバスのようなもので、自社の運用にのせるためには設定やカスタマイズが必要です。自分のコピーを作るようなイメージでシステムに設定を施す作業が必要になるため、多くの準備時間が必要になります。さらに、システムを関係するすべての人が使いこなすことができるよう、教育の時間も必要となります。

多くのマーケティングオートメーションシステムは有料です。利用には導入コストとともに運用コストがかかります。コストに見合う運用ができないと、経費がかかった割に成果が上がらないということにもなりかねません。