商品やサービスを限定して運用を始めよう

マーケティングオートメーションでどんなことができるのかを知るためには、マーケティングオートメーションツールを導入してから段階的な運用範囲の拡張をしていくのがポイントです。導入後にあらゆる商品やサービスに対してマーケティングオートメーションを使ってみようと思うのはもっともなことでしょう。コストをかけているからこそ、できるだけ幅広く使ってみたいと思うのは当然です。しかし、まだどんなことができるのかがはっきりとわかっていない段階で、マーケティングオートメーションを広範囲で使うのはリスクがあります。まずは効果が上がりそうな商品やサービスに限定して運用を始め、何を実現できるのかを把握するようにしましょう。

多角的に活用して効果測定をしよう

マーケティングオートメーションを使ってみてどんなことができるのかがわかってきたら、多角的に活用して効果測定をしていきましょう。商品やサービスはいくつかに限定したままで、できるだけ幅広くマーケティングオートメーションツールの機能を使ってみるのが重要です。さまざまな設定をして効果測定をしていき、マーケティングオートメーションをどのようにして運用したら利益につながるのかを見出していきましょう。このようなプロセスを経て実践的にマーケティングオートメーションの特性を学ぶのが、ツールを導入したメリットを生かすための基本です。多角的に活用することで本質を理解できるので、同じ方法で多様な商品やサービスに使うよりも機能を幅広く使ってみましょう。