マーケティングオートメーションツールを使ってできること

マーケティングオートメーションは、多くの企業で導入している注目のシステムです。マーケティングオートメーションシステムを使うと、実際に顧客に対して商品やサービスを販売する前段階で行われる、きめ細かい情報提供が必要なマーケティング活動を自動化することが可能になります。また、システム化することで、失注やヒューマンエラーを防ぐことができます。

実際にできることの一つが、リードと呼ばれる見込み客の獲得です。特にインターネットを使った情報提供とともに、顧客情報の収集に威力を発揮します。また、獲得したリードを育成する、つまり興味や関心を育てることもできます。さらに、リードを分類し、販売に結びつきやすい顧客を浮き彫りにすることで、効果的で手厚いアプローチをかけることもできます。

マーケティングオートメーションツールの主な機能

では、マーケティングオートメーションには、どんな機能があるのでしょうか。まずリードを獲得するための、オウンドメディアの構築やランディングページ機能、SEO分析機能などがあります。個人でも法人でも、近年はインターネットを使って能動的に情報収集し、欲しい情報を自主的に取得することが一般的です。そのため、自社のホームページやSNSなどを充実させたり、検索エンジンからの流れを意識した情報提供が必要であるため、上記の機能が有用な働きをするはずです。

また、リードを育成するツールとして、メール配信機能やキャンペーン管理機能があります。獲得したリードに対して、ほしいと思っている情報をグッドタイミングで提供するための機能で、スケジュール管理をして抜けなくメール配信するのに役立ちます。さらに、リードを分類するのに、スコアリング機能や行動履歴の収集機能が役立ちます。